虫歯菌の感染は本当だったのかな?

私は2児の母親です。

長男が生まれて、とにかく可愛くて可愛くてキスもしたし、ごはんも自分の箸からあげるなどしていました。
食事やおやつの時間は決まっていましたし、ジュースは特別な時以外はあげませんでした。水分補給は普段は水か麦茶です。

154172それに、歯みがき大好きっ子だったので特に虫歯の心配はしていませんでした。

そんな中、親の口腔内の虫歯菌が子どもに感染するとゆう情報を得て今までのスキンシップをとても後悔しました。
出産前から夫婦でしっかり知識を持っておくべきだった。と、とても後悔しました。

その後、長女が生まれてからは口にキスはしない!箸やスプーン、ストローの共有は絶対にしない!と徹底しました。

可愛くて可愛くてたまらないからこそ、親としてできる虫歯予防の第一歩だったんだと今も思います。長男、長女ともに小学生になっていますが、長男は虫歯が多く歯医者さん通いが常です。

長女は…今までで虫歯1本。歯医者さんにはフッ素ケアに行くぐらいです。

親の虫歯菌がうつる。
本当だったんですね。

長男くん。ごめんなさい。

ブリアンの歯磨き粉で虫歯菌を除去しよう!|子供でも安心して使えます

足湯に寄り、スネ毛にびっくり

数年前、数人の男女友達と一緒に、観光旅行した時に、温泉地での休憩を取ることになりました。お土産を売る売店の前を歩いていると、足湯コーナーがあり、「足湯だって、いいね」と男性数人が足湯に殺到しました。

shocked girl looking hair on her legs女性友人同士、「どうする?」という顔をしていると、手招きする男性達を放っておくわけにもいかず、足湯に入ることになってしまいました。

女性友人の中には、ストッキングをはいていた友人がいて、私もジーンズだったので、隣で足湯の様子を見ていました。すると、一番かわいい子の、足のスネにはっきりとムダ毛を発見!私は、思わず声を上げそうになってしまいましたが、見てはいけない物を見てしまった時のように、だんまりしてしまいました。

男性数人も、はっきりと見ていたようでしたが、何も言いませんでした。ずっと私の頭の中で、あのムダ毛が離れませんでした。早く、自分のムダ毛を処理したい!と、自宅に帰った途端、カミソリでムダ毛の処理をしました。旅行の前には、絶対ムダ毛処理は必要ですよね。

脱毛サロンは、銀座カラーがおすすめです

10代の時から取れない黒ずみ

思春期になると自分の体や肌が気になってくる年頃
気づいたときにはデリケートゾーンに黒ずみが…

Frau schaut mit Lupe im Intimbereich nach入浴中に毎回垢擦りをしても取れず、肌を痛めるだけ でも、気になって擦る…痛める…それの繰り返しでした。

大学生になりほぼ毎日化粧をすると、今度は小鼻と小鼻の横の頬に黒ずみが…
やはり気になるので、小鼻パックや美白効果のあるパックをしても効果は実感できませんでした。

他にも黒ずみがあるんじゃないかと思い体を見てみると、膝、肘、脇にも黒ずみが。
本当にショックでした。
また垢擦りの日々へ…
デリケートゾーンと同じく、黒ずみはとれません。

ネットで黒ずみに効くクリーム、パックなどの商品を購入しましたが、効果の実感なし。
垢擦りのせいか黒ずみが気になる部分は乾燥して粉がふくほどカサカサに。

乾燥しているから尚黒くなるのか!?と思い、保湿を念入りにしましたが、よくわかりません。

年々増えていく黒ずみ。
もう諦めたほうがいいのでしょうか…

デリケートゾーンの黒ずみをケアしたいとずっと思っていました

背中ニキビが多くてコンプレックス

私は昔から背中に多くのニキビがあることがとてもコンプレックスに感じていました。

この背中ニキビは高校生の時体育のプールの時間に友人に指摘されて依頼、ずっと気になっています。

ニキビは肌を汚く見せてしまうので恋人などには特に見られたくありません。そのため、当然海やプールに行く機会も少なかったです。こいした場所に行くと必然的に水着を着ることになり、背中のニキビを見られてしまうことになるからです。

特に困ったのは、恋人や友人と複数人でプールに行った時の事です。どうしても背中ニキビを見られたくなかったので水着の上からTシャツを着ていたのですが、友人がふざけて私のTシャツを取ってしまったのです。

この時はすぐにTシャツを取り合えしたのですが、恋人に見られており後になって「背中のぶつぶつ大丈夫?」と言われてしまいました。そう言われて私は非常に恥ずかしく、これで嫌われても仕方ないとまで思ってしまいました。

そこで、背中のニキビを治すために皮膚科を受診しました。
そこでニキビが出来ているのはホルモンバランスが乱れているからだという説明を受けました。

それ以来私はホルモンバランスを整えるために規則正しい食生活と睡眠等を意識的に行うようにしました。また、同時に皮膚科でホルモン治療も行っていました。

そうすることで、徐々に背中のニキビが少なくなり、肌が綺麗になっていきました。

ニキビ跡をすには、努力ではなく方法なんです

顎と背中のニキビに悩んでいます

ここ最近、花粉症の症状が出てきたため、マスクをして寝たり(風邪予防の対策でもあります。)外に出る時にマスクをすることが増えました。

マスクをするようになり、口の下から顎にかけて小さなニキビができることが多くなりました。だいたい、生理前などは顔にニキビができてしまうことはありますが、普段はほとんどそういったことがないため困っています。

マスクをしている時は特に顎にはファンデーションを塗らないようにすれば良いかなと思うのですが、いつもそういうわけにもいかないので、ニキビの上からファンデーションを塗るのもどうなのかなと思います。

それから、首の下あたり(背中)にもニキビのようなできものがプツプツとたまにできます。それこそ、冬はいいのですが、これから首回りのあく服装になってきた時にみえるのがとても嫌です。

カロリーのある食事をとってしまったときにできる芯のあるような触ると痛いニキビではなくどちらも小さなものです。
これから春にかけて対策をしていかなければいけないなぁと思っています。

フェイスラインができる理由として、ニキビ菌があります

母であっても、女性であることを忘れたくない

結婚して子供ができて、入学式などのフォーマルな場所以外では、スカートなんてはくことがありませんでした。

子供と一緒に公園に行く、買い物に行く、自転車で幼稚園に送迎など、自転車で移動していたので、スカートなんて無縁でした。

子供が小学生になり、仕事を始めましたが、女性ばかりの職種で、髪形を変えたり、服装が少しおしゃれだったりすると、もう一日中「何かあるの?」「何かあったの??」と
直接聞かれたり、裏で話されたり、面倒な職場だったので、当たり障りのない、すごく地味な服装をしていました。

そんな感じで、他の職場に転職したときも、スカートなど買うこともありませんでしたが、ちょっと改まった席に行くことになりました。かといって、スーツほどきっちりしたところではなく、少しおしゃれしていく・・・というところだったので、スカートを買うことにしました。

いつもパンツスタイルだったので、落ち着かないことと、ヒールの高い靴を履いていたので足が痛くなってきたときに、ある男性から「すごく雰囲気が変わるね~。なんか普段と違うからびっくりした」と言われたんです。

そんなに褒めてもらって、すごくうれしかったですし、女性達もねたんだり僻んだりする人達ではないので、これからもスカートを履こうと思いました。

この経験から、40代を過ぎて、贅沢はできないけれども、年齢を重ねた女性らしく、周りに不快な思いをさせないように、こぎれいにしようと、日々気合をいれています。